refurbishment in bunkyo

refurbishment in Bunkyo

1963年に建てられたビンテージマンションの一部屋のリノベーションのプロジェクト。 夫婦二人住まいで、猫2匹と犬1匹と生活している。猫たちの居場所となるような天井近くまで登れるように配置した棚をリビングに設け、ペットと共に生活する空間を提案した。南向きに庭が広がっているため、庭の自然光を最大限取り込めるようなレイアウトを心掛け、キッチンの延長には、庭を眺めることのできる小さなワークスペースを設けた。特徴的な既存の外壁と同じタイルを室内に採用して、屋外の環境が連続的に屋内に続くような印象を与えている。できるだけ、既存の建物に残っている素材の扱い方や文脈を活かすことを心がけることで、新築では得られない価値を見つけたいと考えている。

 都心の既存のアパートにあるようなそれぞれ役割を与えられた部屋の配置だった住まいから、できるだけいくつか複数の役割与え、部屋ごとの境界線をなくすことで、さまざまな場所に居場所を見つけられるような仕掛けを設けることを心がけている。住居内には浴室以外には扉を設けず、くぼみを利用して空間を分けるようにすることで、開放的な空間になるよう心掛けた。